March 19, 2007

パクリはまずいよ…

前項の「考古学神髄」現場の調査速報に書いたもので、どこかで聞いたような話で、別に私の卓見と言うほどではない。でもパクられると腹が立つ。というかモラルを疑う。

そもそもどうしてパクラレたかわかったかというと、知人(Aさん)が私の家に引越しの手伝いに来て、荷物の中にあった調査速報を見て、

A「この速報の文章、××先生の話をぱくったのか?自分の職場の先輩にあたる人の話を引用したのなら、一般向けの文章といってもちょっと××先生からお聞きしましたぐらい速報に書いてもよかったんじゃない?」

私「エッ!××先生の話って?それいつのこと?」

A「先々週の日曜日のU市の公民館の考古学講演会に出席したら、この速報と同じことを言っていたよ。だからさてっきり君がぱくったのかと思って…」

私「君が感動したって言っていた考古学の講演会って、こんな内容だったのか。でも、よく速報の日付を見てみろよ、この速報はずっと前に書かれて、職場や現場ですでに配られていたものなんだぜ」

A「エッ!では××先生がぱくったの?」

私「ぱくったつもりじゃないんだろうけど。でも、そういえば昨日、君が先生の話を聞いて感銘を受けたと直接××先生に言ったら、先生の顔色がみるみる変わった。なーんだそのことだったのか…」

たしかに、オリジナリテ云々というほどの文章ではない。でも、そこで、「やあー君の速報のネタをちょっと話の枕に使ったら受けたよ」とでも言ってくれたら、単なる笑い話だったと思う。

その公民館も決してメジャーな公民館ではなく、市民向けの講座だったので、考古業界の人が来ないとおもったので、遂油断したのか。知人Aは考古ファンではなかったが、暇つぶしで行ったらしい。

それにしてもあきれたというか、残念である。この話自体からすでに10年もたつ。私の職場の異動に伴って資料をだいぶ廃棄しようと思うが、その時たまたまこの調査速報が出てきたので、捨てる前に、ブログに書こうと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 25, 2005

模造と複製

 模造…見て真似て作ること。
 複製…型をとって似せて作ること。
 らしい。

http://www.kyotobank.co.jp/takumi/bunkazai2.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

アルケオロジー

 考古学は「歩けオロジー」なんていわれているので、出歩くことが多い。「よく足で稼げ」とか「フィールドが大事」などということは考古学以外の学問でも重要なようだ。
 別に、学問は苦労しないと大成しないぞというような精神訓話ではない。
 サル学の河合雅雄先生と文化人類学の福井勝義先生が講演会で話されていたのだが、指だけの運動(例えばテレビゲームやパソコン?)より全身や五官を働かせて物事を把握しようとすると、非常に人間の脳に定着し、さらにその知識や経験が活かしやすいそうだ(そういうように人間の脳はできているんだそうな)
 言われてみれば、そうである。考古学も煮詰まってくると、資料調査が無性にしたくなって、行く前はいろいろ不安だが、いざ歩いてみるといろいろ新しい課題が見えてくるし、全然関係ない課題がすーっとわかってきたりする。不思議なものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 31, 2005

京都は暑い!

京都は暑い!死にそう…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2005

ある日本人…

ホームページをいろいろ漂ってみていると
ど~も、拙者のことを言っているHPに遭遇。
「ある日本人が…と言っている」

それにしても「ある日本人」っていわれてもなあ~
このホームページの作者はれっきとした日本人らしいが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2005

今日のパックマン

156250点。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

たかがこれしき

 それにしてもIT時代だなんだと喧伝されているわりには、当たり前のことがなかなか調べられない。「たかがこれしきのこと」と思うようなことがだ。似たようなことがたくさん繰り返されている。これはホームページに限らないから、情報というものはそういうものだといえばそれまでだが。(それとも私の調べ方がいけないのかもしれない)
 ホームページの名前を「かもしかみち」から「たかがこれしき」に変えるか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2005

歴史上の人物?

 歴史上の人物は普通呼び捨てだ。徳川家康、織田信長、豊臣秀吉…。さらに歴史の研究論文や読み物などでは、「清盛」「頼朝」「義経」などと苗字を省略することも多い。
 さらに歴史の研究者を苗字抜きで名前だけで、呼ぶ人がいて驚かされた。「コナン」「ソウキチ」「クラキチ」などである。(これだけで苗字がわかればあなたも歴史ツウ)コナンなんて「未来少年」か「サー・アーサー」あるいは「眼鏡のこども探偵」のことかと思ってしまう。
 確かに明治・大正期に活躍した歴史家は、ある意味歴史上の人物に近いといえば近いのだが…。
 ちなみに考古学の世界で、いくら故人とは言え「こーさく」「スガオ」「ユキオ」などと呼び捨てにすれば、問題視されるだろう。
 だからといって、イジョーに「博士」をつけるのもどうかと思うが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2005

今日のパックマン

136,270点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2005

今日のパックマン

123,200点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧