December 29, 2017

美談の裏にはなにかある…

山本七平『私の中の日本軍』(間違っていたらすみません、未確認)だったか、軍国美談の裏には、なにかあるという話があった。「鬼神を泣かしむる」「戦場での師弟愛」などなどの美辞麗句が出てくると、掘り下げられたくない事実が裏にだいたいあるらしい。

貴ノ岩の日ごろの態度(?)を横綱白鵬が説教したところ、生意気な態度をとったので、日ごろから弟分としてかわいがっていた兄貴分の日馬富士が、可愛さあまって殴ってしまったという(美談?)。

でも、これが日ごろからモンゴル人の八百長仲間にはいらない貴ノ岩に対するリンチだったら…。目も当てられない。ドス黒い話である。貴ノ花親方が怒っているのは、暴力も暴力だが、こっちの方じゃないのか。マスコミの相撲記者やいわゆる好角家きどりの外野がみんなそろいもそろって相撲協会よりというのは怪しい。NHKは、相撲中継で美味しい汁を吸っているので、決して信用しないように。朝日の相撲記者というのも「権威」があって、協会とはお仲間林だから疑ってかかった方がよい。

だからといって産経が本当のことを書けるかは、よくわかりませんが…。

ここは、アカハタの出番じゃないでしょうか。無理か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日馬富士暴行問題と日本相撲協会

結論からいうと頑張れ貴乃花親方ということになる。

まず、日馬富士の暴行は刑事罰の対象となるようなことだから、議論以前の問題(仮に、百歩譲って貴ノ岩がスマホをいじっていて話を聞いていなかったとしても)。

次に貴ノ花親方が巡業部長という立場でありながら、協会に報告を怠り、かつ内部調査の事情聴取にも応じなかった点は、かりに組織がまともであったら、貴ノ花親方の行為は、やはり内部的な処罰の対象である。組織のガバナンスが問われると思う。しかし、弟子の人権を平気で蹂躙するような組織だったとしたら?

ここからは仮定であるが、10代から相撲協会にいて、横綱にまでなった人が、相撲協会の表も裏も知らないはずがない。大切な親御さんから預かった弟子の人権よりも組織の体面を重んじるおそれがあると貴ノ花親方が判断したのなら、私は貴ノ花親方を応援する。

国技だ伝統だなんだといっても日本相撲協会は公益財団法人でコンプライアンスが問われる。暴力団だったら、人権より組織の体面(ガバナンス)重視なんでしょうけど。でも、仮に人権より組織の体面なら、貴ノ花親方の責任以上に八角親方以下、日本相撲協会の幹部は、処分されなくていいんでしょうか。

相撲記者なりいわゆる好角家と称する業界関係者は、政治家と政治部の記者みたいな関係で同じムラ内ですから、あまり信用できないと思いますね。この件に関しては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2017

ローマ法王無謬説

バチカンの権威が、1000年以上に渡って続いているのは、一つにバチカンは誤りを簡単に認めないことによるという説がある(ローマ法王無謬説)。これは、権力者の志向を示しているんだろう。ほかにもどこかの国の共産党とかもそうかもしれない。

しかし、行政やいわんや単なる調査機関がそれに陥るとまぬけな独善にしかすぎないと思うのは、私だけでしょうか。

もっと質の悪いのは一応誤っているような口ぶりですが、威嚇して自分を正当化する。もっと情けないことかなと思いますが、すまじきものは宮仕えとよく言います。組織にいるうちは真の言論や表現の自由はないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2017

ムー大陸と日本人

一般の方からのお電話で、ムー大陸からトウモロコシ型の顔をした種族(ムー一族?)が縄文時代、愛媛県の上黒岩遺跡に来ているという。彼らは石斧や土偶を持っていて、日本各地に広めたらしい。ここまでは、その人の想像というかロマンならいいんだけれど、これを「学問的に」証明するのを手伝ってほしいとのこと。ここ数か月定期的に連絡をくださる。いたって真面目なようです。なんで考古学じゃ取り上げてくれないのか…???

なんでも石器や骨の成分分析をすれば、ムー大陸起源?だとわかるとかなんとか。

結論から言うと、私にかかわらないで、勝手にやってくださいな!

ただでさえ、イラつくことが多いのに、こういうのもいい加減勘弁してほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2017

飛騨の鞍作止利

シンポジウムの後の懇親会で、参加者から貴重なお話を聞けました。

その方は、土偶に興味があるそうなんですが、その話も面白かったのですが、それ以上に、鞍作鳥は、貴種が飛騨の女性に産ませたご落胤であるという説が有名なんだそうです!

ここら辺、すでに森先生が触れていそうですが、飛騨というと歴史的には両面宿儺と八賀先生もとい、飛騨の匠が有名ですが、鞍作鳥も飛騨出身だったとは。


飛騨の歴史再発見

鞍作止利の伝説

行基の市振出身説とか、蘇我馬子の娘が善光寺大本願初代上人(尼)だったとかとならんで、なんかそれなりの背景がありそうですね。誰か研究して!(自分でやれと言われそうですが…)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤ノ木古墳と章懐太子

藤ノ木古墳を発掘された前園先生のお話をお聞きしました。調査指導委員だった森先生が、被葬者のこととか解釈は触れないで、実務的な話に終始したとか、マスコミに24時間監視されたとか、(どちらも、ありがちで、納得)。

森先生は、崇峻天皇が「改葬」されて藤ノ木古墳に入れられたと唱えられているそうですが、発掘調査担当者としては同意できないそうです。たしかに、全身骨格がきれいに残っていたとすれば、改葬はおかしい気がしますね。

私は、古墳の専門家ではないので、あまり適当なことは言えませんが、改葬というと、唐の章懐太子の例が、思い起こされました。ちょうど、西北大学の王維坤先生の研究を聞かせていただいてので、ふと思いつきました。章懐太子は、母の武則天と対立したので、死に追い込まれ、当初、配流先の四川省で葬られた。しかし、のちに、武則天が後悔したらしく、武則天の死後ですが、太子号を追号され、西安に改葬されました。四川省でいったん埋葬されたあと、棺を動かして、長安まで持ってきたようです。

この手のことは、古墳時代の日本(倭)でも結構あったんでしょうね。仮に棺ごとと言わないまでも遺骸がなにかの布か何かで巻かれていて、遺骸ごと移動できれば、改葬されても骨がバラバラになることはないのかなと思いました。

どうしても近畿地方にいないと、天皇陵古墳だとかなんとかいっても、まあ自分には関係ないやと思いがちですが、こうした史跡の整備などに国費(税金)が使われているかと思うと、関心をもって、おかしな動きがあれば、声を上げていく必要があるんですね。官製郷土史家に歴史を壟断されるのはまっぴらですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2017

人を認めるのは難しい

恩師のM先生から、秘伝というか、本当に学術的に大事なことは、こそっとほかの人がいないときに、素早く調べ、こっそり話すべしということを教えていただいたことを思い出した。

M先生、北京の国家博物館の展示で、金属製の古墳の兆域図(設計図のようなもの)に偶然出くわしたそうで、その古墳自体は文物だか考古に報告済であったが、金属製の兆域図は未公開だった。団体での見学で、閉館まぎわ30分で急遽見学したので、じっくり見れなかったこともあり、他の研究者はさっさとホテルへ戻ったが、そこがM先生一度ホテルに戻って、翌朝早朝博物館開館時間に行って、もう一度入場料を個人的に払って兆域図をものの5分でスケッチしたそうです。

他の人を出し抜くという茶目っ気もあったようですが、他の人に言わなかった理由が、仮に関心がない人がいると邪魔をするそうです。逆に、意味はわからないが、警戒している人も邪魔をすることが多いそうです。

だから、学問的に大事な話は、直接本人に一対一で話して、邪魔しそうな人がいるところでは絶対話してはいけない。とのこと。

そんな人がいるんですかと聞いたら、意外に身近な人、大学の同窓とか同じ職場の同僚あたりが一番まずいんだとか…。

今回も、ある先生の発表に結構感激して、追加の情報をおはなししようとしたら、その先生の弟子筋の人が、なにを警戒したんだか、話をさえぎってきました。まあ、それほど話したい話題ではなかったんですが、M先生が言っていたことはやはりあるんだろうなと改めて思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

説明がない…

筋書きのない、シンポジウムというのは、日ごろ行政が手配しているいわゆる官製シンポジウムのような奇妙さがなくていいんですが、日程をはじめとして予定変更の説明が全くないのには、さすがにちょっと不安になります。ただ、デジャブ―感があったので、思い起こしてみると、これって中国の学会の感じなんです( ´艸`)。言葉の問題もあるけど、中国の学会については、しっかり(?)中国人参加者が文句続出なんで、なんとかわかってくるのですが、そこらへん日本人は変に忖度(そんたく:ことしの流行語?)するので、困ったもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2017

歴史研究の落とし穴にはまらないために

偽書とは、製作者や製作時期などの由来が偽られている文書・書物のこと(ウィキペディア)で、、そんなものを作ってなにかいいことがあるのか、例えば遺産がもらえるといったわかりやすい経済的利益があるのなら、ねつ造されそうな気もしますが、自分の祖先が天皇家の子孫だとか、自分の村の歴史が古いとか、その手の類も非常に多いのです。それが、最近のことだけではなく、江戸時代ぐらいにも大流行していたらしく、興味がある方は、歴史館や博物館の古文書を見てみるといろんなものがあります。江戸時代のことは詳しくはわからないので、戦後のものだけでも、いろんなものをよく見せらせました。

具体的に書くと差しさわりがあるので、差し控えますが、さて、どうしてこういうことをするのかというと、実は、実利的な利益があるのです。そういう大事な資料をもとに、地元の歴史を調査しようということで、有形無形の援助が公的な機関から出ることがあります(これも、具体的に書くと差しさわりがあるので、隔靴掻痒ですみません)。あと、地域で偉い顔ができて、××先生などと呼ばれ、運が良ければ××審議委員になったりするようです(そこまで行く人はあまりいませんが…)。

こういう人たちは、見るからに怪しい人もいますが、実は政治家、教員、会社の経営者などにいて、一見、怪しい人ではありません(でも、思い込みは激しいようです)。私はこの手の人から好かれるようで、何度が電話で呼び出されたこともあります。でも、たいてい、辛抱強くお話を聞いてあげると、著作をいただいて、勉強させていただくということで、一見落着となります。

ただ、こういう人にはまってしまう研究者の方もいるようです。それは、自分がひそかに思っていることを、どうも証明してくれそうだという内容だと、多少いい加減でも信じたくなるようです。たぶん、F田T彦先生なんかそうだったんだろうと思います。

さて、これにはまらないようにするにはどうしたらいいのか、これはいい見本がおられます。信州大学の教授だった故河内晋平先生のやり方です。いわゆる仁和の洪水を八ヶ岳の崩壊(河内は888年と考えていた)に求められていたが、反論も多かった。河内の主眼は八ヶ岳の崩壊が水蒸気爆発によるものと証明したかったが、そもそも仁和の洪水自体を否定する歴史研究者や考古学者が少なからずいました。

一方、地元の郷土史家には、口碑や地名研究をもとに河内説に有利なことをいう人もいたのだが、河内先生は頭から否定はしないが、その根拠が科学的に検証できないものは、一切採用しなかった。

これは、実に徹底していて、例えば年輪年代法も自分に有利な結論が出ていたが、その根拠として示されたデータが河内先生の納得いくものでなかったので、検証可能なデータを提出するように、分析された先生に迫っていた。結局、分析された先生は、基本的なデータの開示をされなかったので、河内先生は論文を提出するのを止めていた。そのまま、河内先生は急逝されたので、無念だったかもしれない。

ところが、現在、年輪年代法を、違う方法で追試してくれる研究者が出て、それなりの結果が出ているようである。無事、公開されれば、年代論については、別の切り口でより確かなことが言えるのである。

つまり、いかなる権威のものにあっても、検証できないような資料の取り扱いには、極めて慎重にあたるべきなのであることを河内先生は教えてくれたと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歴史秘話ヒストリア「沖ノ島」を見て

NHK総合 歴史秘話ヒストリア 「沖ノ島~日本はじまりの物語~」

沖ノ島の特集をやるとのことで、なんとなく見てみました。良かった点と悪かった点があったので、簡単にまとめて自分が番組制作者だったらこうする、さらに僭越ながら評点を出してみました。

【よかった点】
・遺物をポイント(奈良三彩、石製模造品、三角縁神獣鏡、鉄製品、金銅製品等)に絞って、これでもかとお宝自慢ではなかった。
・韓国もポイントを絞って取材し、大成洞遺跡、前方後円墳はてには竹幕洞遺跡を紹介していた。韓国の考古学者の話もわかりやすい。とくに竹幕洞は地元の漁師さんとムーダンの様子はよかった。
・韓国編同様、宗像でも現在まで漁師やその家族さらには皇室もかかわる形で祭祀が続いていることは印象深かった。
・古代九州の先進的な文化の内容を示すものとして弥生時代の遺跡、装飾古墳、磐井(石人石馬)の紹介もあった。

【悪い点】
・古墳時代のヤマト王権と奈良時代以降の律令政府の扱いがごちゃまぜ。意図的か。「日本のはじまり」は、どこからかがわからない。奈良三彩が古墳時代の権力を示しているように誤解させているように感じられた。
・巨大古墳の時代(5世紀)にすでにヤマト王権が対外貿易を独占していたような図式はいかがか。律令制あるいは少なくとも飛鳥時代以降とは区別すべきだったのでは。画期を見せないと「はじまった」がわからない。ただ、昔からすごかったというのは、「歴史」じゃないと思います。

【私なら…】
・弥生時代以降、先進的な地域だった九州、中国の史書によれは百余国といった地域の王国が朝貢してきた時代もあった。しかし、徐々に近畿地方を中心とする勢力(ヤマト王権)が日本列島の統一化をはかるために、対外貿易を独占しようとした。それは、貿易航路の重要性を認識し、北九州の地域勢力(宗像氏)を従え、祭祀も熱心に行うことだった。そうした中、宗像氏とは別に、独自に対外関係を維持しようとした九州の在地勢力である磐井とヤマト王権は対立し、戦争となった。国内政治だけでなく、対外貿易をめぐる対立もあったらしい。その後、遣唐使に象徴されるように、対外貿易は、奈良(平城京)を都とした律令政府が独占し、沖ノ島の祭祀も絶頂を迎える。しかし、律令国家の衰退(遣唐使の廃止)によって、国家的な沖ノ島祭祀は終焉したのだが、地元の海の安全を祈る祭祀は、宗像も竹幕洞も、今も続いている。古代の歴史は現代にも続いているのだ!

【番組の点数】68点、井上あさひさんは品があってよい。制作者も熱心なのはわかる。見てよかったとは思った番組でしたが、安易なヤマト王権中心主義は残念。NHK大阪が作るとこうなるのか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧