March 23, 2009

シレンとアルコノスト

セイレーンはセイレーンでもどうもオデッセイアのセイレーンそのものではないようだ。

ロシアのホームぺージによると

Виктор Васнецов. Сирин и Алконост, песнь радости и печали.

作者はヴィクトル ヴァスネツォフ、題名はシリンとアルコノスト 歓喜と悲しみの歌とある。

ロシア正教などの東方教会では、歓喜の歌で悪魔の誘惑を警告する人面の鳥シリンと泣きながら悲しみの歌で同じく悪魔の誘惑を警告するアルコノストという人面の鳥が天国にいるらしい。

それで二羽なんだ。ギリシャの伝説がどうしてキリスト教に取り入れられたか興味深いところですが、子供のころからの謎が一つなんとか見えてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2009

セイレーン

「セイレーンはどんな言葉をさえずったか。」ある考古学者の本の冒頭に出てきた。言語学と考古学について扱った本でなぜか英語と日本語それぞれ持っている。まあ、一度読んだことがある本なので、まあその本の内容はともかく、「セイレーン」というと心に引っ掛かっている絵があるのだ!!!

セイレーンはオデッセイアに出てくる上半身が人間で下半身が鳥という一種の化け物であるが、歌がうまく船乗りをみな歌で惑わせて殺してしまう。オデッセウスだけは部下の船乗りに耳栓をさせて、自分はマストにくくりつけて、その難所をうまく乗り切る。というだけの話である。

子どものころたぶん上野の国立西洋近代美術館(だったか?)でみた二羽のセイレーンを描いた絵が印象に残っているのだ。ロシアの画家だったらしいことと、図録も売っていたんだけれど、買わなかったが、無料で配布されていた本のしおりだけもらってきた。

なぜかセイレーンが二羽で一羽は黒く陰気な感じで、もう一羽は明るく健康的な感じで忘れられない。ソビエト時代のものだったかもしれない。

その本のしおりもなくしてしまい、心の中にはとても印象に残っている(倉敷美術館のエルグレコやムンクの聖母マリアくらい)絵なのであるが、誰の作品なのかは全く忘れてしまったため途方に暮れていた。

ヨメにそのあたりを聞いて、二三候補を探してもらったが、どうも違う。分からないと気になるもので、探して数年たってしまったが、ようやく発見した。ロシア語のホームページで…。
http://taynivekov.ru/o-chem-poyut-sireny

さて、誰の作品なのか。本当にセイレーンを描いたものなのか。
Sirin_vasnecovjpg1_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

ナマコ

 過日、中国の空港でオモシロいものを見つけた。ナマコである。中国語で海参。環日本海文化におけるナマコの意義は興味深い。(詳しくは鶴見良行『ナマコの目』)「最初にナマコを食べた人は度胸があった」というが、おそらくナマコの強い生命力にあやかろうとして、食べたのではないかと思う(最初から味を期待したのではなく)。
 ナマコとくにホシナマコを「海参」とするのは、人参(朝鮮人参)と味が似ているからだそうだ。人参も不老長寿の薬効があると信じられているから、海参もそういう効果があると信じられているのだろう。

 ロシアのウラジオストックの中国名は「海参●」(●=山冠威旁)、日本語に訳せば「ナマコ湾」といったところか。あのあたりが発展した理由の一つに、沿海州の山の資源以外に、海の幸があるとすると興味深い。

 「ナマコの目」という興味深い本がある。著者の鶴見良行先生は一般教養の経済学を教えておられていて、私の授業ではナマコではなく、バナナの方を取り上げていた。今読んでみれば、先生の「バナナと日本人」という著書もオモシロい。

 しかし、当時先生はあまりに大きなクラス(たぶん200人以上はらくらくいた)の授業に辟易していた。そのためか「出席しなくても、試験を受ければ通す」という方針で、最初の方は雑談的な授業であった。私もそのころは先生の著書や研究の内容をよく知らず、あまり出席しなかった。今考えれば惜しいことをしたものだ。私が卒業してしばらくして先生は亡くなられた。

 話かわってナマコによく似た考古遺物があると、ヨメは主張する。だけど、その資料は、私としては山谷を伝わった文化の産物で、おそらく海辺部を中心に分布する?ナマコやその文化とは分布がことなるから、似ているというだけで関連性を問うのは難しいだろうと日ごろから反論している。

 しかし、考えてみると、タカラガイ自体は当然海岸の貝塚などに多いが、タカラガイ形「土製品」となると、海より山の中にある。そうなのだ、山谷の人びとは自分たちに無い物に強烈にあこがれる。だけどそれを学問的に証明するのはなかなか難しそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2006

江戸の人

私は、江戸時代の人(江戸時代生まれの人)といろいろ話したことがない。私が比較的よく知っている(話をしたことがある)年寄りは曾祖母で明治初年頃生まれだ。曾祖母の母親は戦後まもなくまで生きていたから、父や母は江戸時代の人と話したことがあるわけだ。(当然、私は知らない)

私は曾祖母から江戸時代の様子を聞いた。

「さらし首があった」(明治時代も初期まで、小塚原の刑場のさらし首は見られたそうである)ちなみに小塚原は「こつかっぱら」と読むが「骨が原」が転じたものらしい。

「きつねやたぬきに化かされた」(曾祖母はおっとりした人だったので、狐に化かされたそうである。宇宙人は信じていなかったが、狐狸が人を化かすことは信じて疑わなかった。落語「王子の狐」などもフィクションとは思っていなかったかもしれない…)

麻布に狸がたくさん居た。」(管理人が幼少のみぎり、ソビエト大使館に遊びに行ったことを報告したら、あそこらへんにはたくさん狸が居たといっていた。確かにソビエト大使館は狸穴・まみあなにあった)

「おとうさん、おかあさんとは昔は言わなかった」→「おとっつぁん、おっかさん」(だったか?)

娯楽といえば、「芝居」だったそうだが、武士の家では、一家で芝居を見に行くなんてもってのほかだったらしい。当時は身分がはっきりしていたから、商人の家と武士の家では同じ江戸時代といってもかなり文化が違ったのだろう。

明治初期の小学校(高等小学校?)では英語を教えていたそうで「ハロー」「クックヅードル ヅー」(ニワトリの鳴き声のつもり)なんて言っていた。英語の歌なんかも歌っていた。ギターを見ても、棹(?)に線が入っているのをみて三味線より便利だと認めていた。(曾祖母や三味線をやっていた)

一方で、祖母がお嫁に来た時、「洋服を着る嫁は家に入れない」と主張。百貨店に勤めていたヅカガールだった祖母は泣く泣く洋服を処分したそうだ。(戦後は当然洋服は復活していた)

あと、これは曾祖母の母の話らしいが、太平洋戦争中、機会があるたびに宮城(現在の皇居)を拝んでいたら、近所の人が、愛国心のあるおばあさんだと噂したという。とりたてて皇室崇拝とも思えない人だったので、家人が本人(曾曾祖母)に「なんでお城を拝んでいるの」と聞いたら、「お前達、あそこは公方様のお城だよ」と言っていたそうだ(ちなみに宮城とは言わず千代田城と呼んでいたらしい)。

日蓮宗だったので、毎朝「なんみょうほうれんげーきょう」を唱えていた。さすがに太鼓は叩いていなかったが、「どんどんよくなるホッケの太鼓」が口癖だった。ホッケが法華のことだとわかったのは、だいぶあとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

合気道と武士道

リンク: Айкидо и Путь самурая..

 ロシアのホームページ検索エンジンヤンデクスには、「日本のサイト」という項目がある。なかなか凝ったサイトがあるのが、笑える?
 中でも、目を引いたのが日本の伝統文化の紹介だ。上のホームページは直訳すると「合気道とサムライの道」(発音はアイキド イ プーチ サムラヤ by河童)となる。
 その前も武田信虎を紹介していたアメリカの人のホームページがあったが、サムライ文化おそるべし…?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

シャーロック・ホームズ研究

リンク: University of Minnesota Libraries: Special Collections & Rare Books: Sherlock Holmes Collection.

University of Minnesota Libraries: Special Collections & Rare Books: Sherlock Holmes Collection

 今は脱会したのだが、かつて日本シャーロック・ホームズ・クラブに入っていた。非常に興味深い会で、いろんなことが勉強になった。会の趣旨は、コナン・ドイルの著作、シャーロック・ホームズものを「聖典」として、ホームズを「実在の人物」としていろいろ「研究」するというものであった。あくまで大の大人が真面目にホームズを歴史上の人物(死亡が確認されていないから、私が居た頃は生きているとする立場の人も大勢いました)として研究されていました。
 だから、会の雑誌も大真面目で楽しくやっていました。研究紀要や本格的読みものまでありました。それがほとんど事実上のボランティアでやっているのだからすごい。とくに研究紀要は「査読」を行い「英文要旨」(日本語以外の言語ならよいらしいので、今にして思えば、韓国語や中国語にしておけばよかった)もしっかりつける。査読やアドバイスも非常に的確で、かなり励ますようなものが多かった。考古学会とはえらい違いだと思ったものだ。(たぶん考古学会というより、プロと称する人たちの学会はえてしてそういうものかもしれない)
 さて、この会の恩恵ははかりしれないのだが、世界のホームズ研究のすごさを感じたのは、たまたまホームズ関係のホームページを見ていたところなんと私の名前が出ているではないか、text in Japanese とある。間違いない。私が書いた駄洒落みたいなものまでちゃんと収録しているのだ。ミネソタ大学図書館のシャーロック・ホームズコレクションは…。それにしても英語圏の情報収集力のすごさを垣間見た気がしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

ネギを植えた人

 民話というのは、長年多くの無名の人びとによって洗練されてきたものだけあって、非常にすばらしい話がある。考古学の世界とどこかつながっているような気がする世界である。さて、一番好きな民話は?と聞かれると唯一といわれると困ってしまうが、かなり好きな民話の一つに朝鮮・韓国では人口に膾炙した民話「ネギを植えた人」というのがある。どういう話かというと
 まだ、人びとがお腹が減ると肉親や友人と言えども、ヒトではなくウシに見えてしまい。共食いをしていた時代に、ある若者(だったか)が、これではいけないと一念発起して旅に出たところ、ヒトとウシの見分けがつく国にたどり着いた。その国の人にどうしてウシとヒトが見分けが付き、ヒトが共食いしないで住むかと聞くと。自分たちはネギという青いクサを食べているからウシとヒトの区別がつくのだと教えてもらう。
 その人は、大変喜んでネギの種を分けてもらい故郷に帰って、ネギのことを自分のムラの人たちに教えようとする。ところがムラ人たちはお腹が減っていて、「なんとおいしそうなウシなのか」とネギを持ってきた人のことをウシと間違えて食べてしまう。ところがしばらくして、ムラに見慣れない青いクサが生えてきた。かぐわしい匂いがするので、食べてみるとあら不思議。ヒトとウシの見分けがつくようになり、そのムラでもヒトが共食いしなくても良いようになった。しかし、ムラ人たちはネギを植えた人のことは誰も知らないのであった。
 学問の世界では、誰が最初に発明したとか発見したとかは非常に大事なのだけれども、こういう気持ちを少しでも持てたらと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)