« ムー大陸と日本人 | Main | ローマ法王無謬説 »

December 01, 2017

清瀬義三郎則府先生逝去

言語学者清瀬義三郎則府先生が今年の7月に亡くなられていたことを奥様からの新年欠礼ご挨拶の葉書で知りました。享年86歳だったそうです。

先生は満洲語をはじめ「アルタイ言語」(でいいのか?)の研究者で、私は、A Study of the Jurchen Language and Script: Reconstruction and Decipherment (女真館訳語の研究), Kyoto: Horitsubunka-sha (法律文化社),1977年、『日本語学とアルタイ語学 』/Japanese Linguistics and Altaic Linguistics, 明治書院、1991年.や『満洲語文語入門 』(河内良弘と共編著) 京都大学学術出版会、2002年は、言語学的な成果はよくわからないのですが、先生の研究の基礎には、考古資料の分析があり、とても参考になり、感激しました。ハワイ大学におられるということが著作に書いてあったので、ハワイ大学あてに手紙を書いたら、数年後に姫路からお手紙が来て、何年もかかって転送?されてきたというお手紙をいただき、さらに感激しました。

その後、女真語のことでなんどかおうかがいしましたが、私が学説の引用を間違っていることなど丁寧にご指摘いただきました。

晩年は日本に戻られていたようですが、ハワイをはじめアメリカ在住歴が長く、中国の雑誌では、よく清瀬義三郎則府(美)などと書かれていました。則府とかいて「のりくら」と読むそうです。義三郎はミドルネームなんでしょうか。

清瀬先生の後任のハワイ大学の先生によると、日の丸の鉢巻きをして、毎日日本刀で素振りをしているといううわさがあったそうです。私は手紙でしか交流がなかったのですが、いかにも先生らしいかと思いました。

ご冥福をお祈りします。合掌

|

« ムー大陸と日本人 | Main | ローマ法王無謬説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 清瀬義三郎則府先生逝去:

« ムー大陸と日本人 | Main | ローマ法王無謬説 »