« 検閲と事前抑制の禁止 | Main | 或重於太山、或軽於鴻毛 »

October 11, 2017

トクサ技法?

玦(ケツ)状耳飾、C字形をしたリング(slit ring)は、今から約7,500年前に日本列島に出現した。九州ではアカホヤ火山灰の下層から出土しているというからこれが同じ系統のものなら、さらにさかのぼることになるが、今一実態がわからない。

さて、現在、耳飾りではないという説もあって、玦飾(けつかざり)なる用語も使われているが、もともとC字形のリングをケツに似ているとしたのが、あまりよくない考古学用語命名法なのだが、一旦、人口に膾炙した用語を直すのは容易ではない。玦飾と聞いてすぐなんのことかわかり人もあまりいないだろう。石環の方がまだ、よかったかもしれない。

ここでは、従来言われているようにケツ状耳飾りで通すが、これの作り方がここ数年だいぶわかってきた(というか研究は古くからあったのだが、自分で検証するまでに至らなかった)。

糸で石を切る糸切技法、糸を弓状の工具で張って石を切断する弓切技法、縄文時代の石器製作ではおなじみの擦切技法などが用いられている。

中でもスリット(切れ目)を入れる技術ではなくて、ちょうどサンドペーパーで粗削りするように、縄文時代の玉製品の加工に「トクサ」がサンドペーパーのように用いられていることが、堀江武史さんの研究で分かっている。

昨年、北海道からトクサを送ってもらって我が家の庭に植えて、育てたトクサで滑石を削って(こすって)みて、ちょっとした実験考古学をやってみた。うちの子どもも手伝ってくれて、トクサとスギナが仲間だとかなんとか、違う方に脱線しつつも、興味を持ってくれた。

たぶん、縄文時代は非常にありふれていたと思われる野生のトクサが今、長野県では、簡単にとってこれなくなっている。あることはあるが、国立公園などの中にしか生えていなくて、絶滅危惧種になりそうな勢いらしい。ところが、最近、近くのホームセンターで見つけた。トクサを庭に植える人がいるらしい。うちもやってみるか!

|

« 検閲と事前抑制の禁止 | Main | 或重於太山、或軽於鴻毛 »

Comments

とくさって、「と・くさ」っていうくらいだから、草なんでしょう。草をうちの庭に生やすのはやめてくれ~(笑)

Posted by: 河童 | October 11, 2017 09:24 AM

京都の和風の庭のアイテムとしてトクサは欠かせないらしいよ。実験考古学にご協力お願いします。

Posted by: | October 11, 2017 11:33 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トクサ技法?:

« 検閲と事前抑制の禁止 | Main | 或重於太山、或軽於鴻毛 »