« 騎馬民族征服王朝説の根本的問題 | Main | 芳蘭生門 »

November 03, 2010

オンドル状遺構と炕(カン)

西日本や北陸でカマドから溝が延びている遺構が検出されることがある。溝(煙道)の平面形がL字形になっているものは「L字カマド」などとも呼ばれる。

L字カマドと呼称すれば、カマドの一種という扱いであるが、中にはL字ではなく「コ」字状になるものがある。コ字状になるものは、カマドというよりは一種の暖房施設であるとも考えられ、普通のカマドの煙道より長く延長されたものを「オンドル状遺構」と呼称する場合もある。

この「オンドル状遺構」という用語であるが、私はあまり適切ではない気がする。現在韓国で「オンドル」というと、カマドの暖気(煙や暖気)が床下を通って外に排出される、今風にいえば一種の床暖房である。ただ、この現在のオンドルの起源がこうしたカマドの煙道を延長したような施設にある可能性が高いので、オンドル「状」遺構と呼んでいるようだ。

この用語韓国ではすでに一般的である。日本やロシア沿海州でオンドル状遺構が出土したというような記事は韓国の一般紙でも見ることができる。この用語韓国の愛国心の発露でもあり、オンドル状遺構が出れば韓国文化の影響と言いたいのかもしれない。

ただ、日本でも今風のオンドルの印象が強いので、竪穴住居跡の床面に溝がほられ、それが煙穴になっているようなものを「オンドル状遺構」と呼ぶと、一般には誤解を招くような気がする。

実はもっとよい用語がある。朝鮮半島以外にもこの手の暖房施設(カマドの排出熱を住居内暖房に活かそうするもの)はある。ロシア沿海州だけでなく、むしろ中国東北部さらには華北にもある。

中国東北部のものは歴史的に有名で「炕」(偏火旁亢、カン、日本の漢字音ではコウ)と呼ばれてきた。ロシア考古学でもカン(кан)と呼ぶ。カンは火(煙)の通る坑(長細い穴)の意味であるから、床の有無は関係ない。

現在の中国東北部でもカンは使われているが、ベッドや壁の中を土管のようなものが通って暖房するようになっている(床全体を暖める韓国のものとは異なる)。

ロシア考古学では、平面形からГ(ゲー)字のものとП(ペー)字に分け、前者を高句麗型、後者を満洲型と分ける人もいる。

こうして見るとカマドにつながる煙道を暖房に利用するような遺構は、オンドル状遺構と呼ぶよりはカン状遺構と呼ぶ方がより適切と私は思う。

|

« 騎馬民族征服王朝説の根本的問題 | Main | 芳蘭生門 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90113/49921678

Listed below are links to weblogs that reference オンドル状遺構と炕(カン):

« 騎馬民族征服王朝説の根本的問題 | Main | 芳蘭生門 »