« 白鵬全勝優勝に思う相撲の起源 | Main | アイシンのベッド »

July 27, 2010

怪しいテレビ欄

 今年の途中から訳あって、巨人軍の機関紙から変わって地元紙を取っています(Yうりさんごめんね。男の台所の斎藤記者どうなったのか…。心配です。)。この新聞どうも、巨人に批判的なようで、小さい扱いなので、朝、プロ野球に割く時間はほとんどなくなりました。時間を有意義に使うためには、ある意味良いことです。

 また、さすがに地元のネタは強く、なかなか面白い記事もあります。だけど、嫌なのはたまに一面にでる何をいいいたいのかわからない論説。こうした論説が一面に出た日は、不快な気持で出勤します。

 しかし、こうした論説はたまにあるものの、救われるのが町山広美さん(なかなかの美人)の「怪しいテレビ欄」。これ通信社の全国配信記事かと思ったら、この新聞の独自連載らしい。毎週楽しみです。

|

« 白鵬全勝優勝に思う相撲の起源 | Main | アイシンのベッド »

Comments

正しくは「怪しいTV欄」です。

Posted by: かも@信州 | August 04, 2010 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90113/48992135

Listed below are links to weblogs that reference 怪しいテレビ欄:

» 写真点描・札幌花物語 15 [つき指の読書日記by大月清司]
 札幌の地下鉄、とても静かなんですよ。他の大都会のそれは、金属のレールと車輪で電車が走りますでしょ。キーンという耳障りな音がカーブなどで、嫌な感じを受けますよね。 ここ... [Read More]

Tracked on July 31, 2010 at 07:49 PM

« 白鵬全勝優勝に思う相撲の起源 | Main | アイシンのベッド »