« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 18, 2006

牟礼の高山…

 私の母校は三鷹市の高山小学校なのだが、この小学校は牟礼(むれ)にある。だから校歌(三木露風作詞、近衛秀麿作曲)でも「ああ~我らの母校なる牟礼の高山小学校」とうたうが、牟礼ってなんという意味なのかは、小学生の私たちだけでなく、先生も知らなかった。
 当時三鷹の歴史という副読本のような教材(ガリ版だったと思う)には、牟礼某が住んでいたとか、人びとが「群れ」ていたとかの説が書いてあった。群れ云々はともかく、牟礼氏というような氏族がいたかを当時調べてみたが、そうした事実は出てこなかった。ただ、長野県に牟礼村(現在は三水村と合併して飯綱町になった)というのがあるのが調べてわかり、面白いと思ったが、日本にはありがちな地名なのかとそれなりに納得して当時の自由研究?は終わった。
 さて、長野に引っ越してきてウン十年。最近、善光寺や信州の古代史を調べていると、どうしても朝鮮半島の文化は避けて通れない。牟礼村の牟礼を百済語(?)の山の意味牟礼から来ているという説を知人に教えていただく。なるほど、牟礼は飯綱山のことかもしれない。そうしてみると三鷹の牟礼の謎も解ける。武蔵野の中央には山らしい山はないが、牟礼にはちょっとした丘(地元では高山と呼んでいる)がある。そうなのだ、高山はまさに百済語?で言えば「牟礼」なのだ。
 そうしてみると三鷹の語源は将軍家の鷹場があった(御鷹)から来ているというが、まさに鷹狩も百済から伝来したものなので、これもなにか偶然の符合ではないような気がする。学問的な証明はないのだが、ワクワクしてきそうな題材である。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 15, 2006

ロシア語の翻訳のこつ

 最近読んでいた本に、ロシア語の論文で面白そうな内容のものがあったので、知人にお願いして手に入れてもらった。6ページの論文なので、自力で訳すように促されて挑戦…。
 ようやく1ページ目が一週間かかって終わりました。(単純に計算すると完訳まで2月半?)
 久しぶりのロシア語ということでとにかくほとんどの単語を辞書でひきまくる破目に…。格変化とかもみーんな忘れてしまったので、オレンジ色の憎いヤツ(日ソ学院様作成の文法虎の巻)大活躍です。
 それにしても、よくヨメさんがロシア語の翻訳をやっていると息苦しくなる?といっていた意味と理由がよくわかりました。私もなにせ息苦しくなる。その理由とは…。まず単語で意味を調べるとたくさん意味が書いてある。さらに品詞、性、格、数などを頭にいれて(動詞だったらさらに完了体だとか不完了体、時制だとか)、この単語が主語なのか述語なのかそれとも修飾語なのかを考えながら、次々調べて言って、一文を眺める。それにしてもロシア語の文章はながーい!のだ。それにまあ持って回った文章の多いこと…。漢文の簡潔さとエライ違いである。言葉の意味と属性を一文が終わるまで頭の中で並行して考えているので、つい息をするのを忘れてしまう。私の場合それで苦しくなる…。
 中国語や韓国語と基本的に違うのは、生格が修飾する場合後ろから前にかかることが多い。勿論日本語や中国語でも名詞を後ろから修飾することは無いわけではないが、このロシア語のようにえんえんと後ろから修飾するようなことは無いような気がする。これがまた私の頭の中の構造となかなかマッチしない。とりあえず、文章を適当に切って、途中まで訳しておくということができない。
 ところが、最近いっそ開き直っていくつかのコツを発見した。
 ①わからない単語は、一つの文章を訳す時まずちゃんと全部調べる。調べながら適当にやらない。
 ②簡単な単語もちゃんとチェック。前置詞や動詞がどういう格を要求しているかも要チェック。
 ③原形(辞書に載っている形)→活用(文章に出ている形)とノートにメモしたいところだが(韓国語は大体活用が頭に入っているからこれでいけるんだけど…、ロシア語は当分無理なので)、能動形副動詞や被動形動詞などを良く理解していない私としては、逆にして、文章に出ている単語そのものをまずちゃんと書き写して→主格、時制を現在などに復元?→辞書に載っている形を書いて、はじめて意味をちゃんと抑える(動詞の場合不完了体・完了体か確認する)。
 ④そういう基礎を固めた上で、どの単語は主語、述語、修飾語なのか、どの単語がどの単語にかかっているかを見極める。
 中国語、韓国語の翻訳に比べてとても面倒なようだが、これが確実。逆にしっかり格変化や構造がきれいにわかって意味が氷解したときの痛快さは、数学の方程式を解いたときのような快感です。
 ただ、発音がおかしいらしく、変なロシア語はやめてくれといわれるが、これを直す方法は今のところないなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

aha!体験…

 またも最近注目している茂木健一郎先生がテレビに出ていた。
 この人の本当の研究のすごさはよく知らないのだが、ひらめきのプロセス(茂木先生の言うところのアハ!体験)は言いえて妙で、とても感動している。
 たぶん、テレビやラジオでは一般向けということもあり、難解な用語はほとんど使わない。それにしてもこの人はかなり頭がいいんだと思う。小難しい言葉でなく、わかりやすく説明するというのは本当は難しいことなのに。

 さて、アハ!体験が得意な人が私の身近にいて、その人のおかげか、最近考古学ネタには困らないが、それがすぐ研究につながらないのが、科学というか学問の面倒なところ…。先行の研究、誰がどこそこでどういうことを研究しているかを踏まえなければいけない。(当たり前だが…)

 どの程度踏まえなければいけないかは、人によるのだろう。しかし、考古学はマンガの同人誌のように雑誌が多い(マンガの同人誌の皆さん引き合いにだしてすみません)ので、困ってしまう。国立国会図書館のサービスが良くなったといっても、なかなか全てが網羅されていない(それでも最近サービスがとくに良くなっていてとても助かっています。国会にかぎらないが、公立図書館のサービス改善を見ると、税金払っていて良かったと少し思えます。財務省の方、図書館を支援しましょう!)

 文献収集以上に、考古学は遺跡や遺物の取材が必要。こうした調査無しにはすすめないが、とーぶんあちこち行けそうに無い。あせってくるが、仕方ないか…。今は雪であぶないしなあ…。
 
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »