« ロンド | Main | ロシア語の翻訳のこつ »

February 05, 2006

aha!体験…

 またも最近注目している茂木健一郎先生がテレビに出ていた。
 この人の本当の研究のすごさはよく知らないのだが、ひらめきのプロセス(茂木先生の言うところのアハ!体験)は言いえて妙で、とても感動している。
 たぶん、テレビやラジオでは一般向けということもあり、難解な用語はほとんど使わない。それにしてもこの人はかなり頭がいいんだと思う。小難しい言葉でなく、わかりやすく説明するというのは本当は難しいことなのに。

 さて、アハ!体験が得意な人が私の身近にいて、その人のおかげか、最近考古学ネタには困らないが、それがすぐ研究につながらないのが、科学というか学問の面倒なところ…。先行の研究、誰がどこそこでどういうことを研究しているかを踏まえなければいけない。(当たり前だが…)

 どの程度踏まえなければいけないかは、人によるのだろう。しかし、考古学はマンガの同人誌のように雑誌が多い(マンガの同人誌の皆さん引き合いにだしてすみません)ので、困ってしまう。国立国会図書館のサービスが良くなったといっても、なかなか全てが網羅されていない(それでも最近サービスがとくに良くなっていてとても助かっています。国会にかぎらないが、公立図書館のサービス改善を見ると、税金払っていて良かったと少し思えます。財務省の方、図書館を支援しましょう!)

 文献収集以上に、考古学は遺跡や遺物の取材が必要。こうした調査無しにはすすめないが、とーぶんあちこち行けそうに無い。あせってくるが、仕方ないか…。今は雪であぶないしなあ…。
 
  

|

« ロンド | Main | ロシア語の翻訳のこつ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference aha!体験…:

« ロンド | Main | ロシア語の翻訳のこつ »