« 今となっては貴重な「恐竜家族」 | Main | 吉古墳群の秘密 »

April 30, 2005

山本夏彦翁と魯迅先生

 「毒舌」(陳腐)「辛口」(カレーじゃあるまいし)のコラムニスト山本夏彦翁の題名に「愚図の大忙し」という題が有る。私(山本翁)は愚図なのだが、いつも慌てている。というような意味だったような気がする。
 山本翁はフランスにいただけあってフランス文学に詳しく、二葉亭四迷が好きだったせいか、ロシア文学にも興味があったようだ。その点、近代中国文学についてはあまり論及されなかったが、唯一魯迅についてはたびたび触れられている。
 さて、魯迅から影響を少なからず受けているのか、考えてみるとこの「愚図の大忙し」という矛盾に満ちた題名、まさに魯迅(のろまでスピーディー)である。
 魯迅がツルゲーネフの「ルージン」から来ていると指摘していた山本翁。是非そのあたり聞いてみたかったところである。

|

« 今となっては貴重な「恐竜家族」 | Main | 吉古墳群の秘密 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山本夏彦翁と魯迅先生:

« 今となっては貴重な「恐竜家族」 | Main | 吉古墳群の秘密 »