« シスアド | Main | 芥川賞とのろいの電話 »

February 26, 2005

メンソレとメンタム

 堤義明元西武鉄道会長の父康次郎氏が近江八幡出身というところから、堤元会長も近江商人の血を引いているというところまでは良かったが、「かつてメンソレータムを作っていた近江兄弟社というのはロート製薬に吸収されたらしい」という話が職場で話題になっていたが、もと滋賀県でアルバイトしていた私としては聞き捨てられない…。
 近江兄弟社はちゃんとある。
 http://www.omibh.co.jp/
 それには悲しい話があるのだ。かつてメンソレを作っていたが、近江兄弟社が今作っているのはメンタームである。実はメンソレータムは米国メンソレータム社のもので、近江兄弟社は販売権と商標を獲得し日本で販売していた。ところが近江兄弟社が倒産しそのときにメンソレの販売権と商標は返上し、これを今はロート製薬が使っている。
 http://www.dik.co.jp/seken/GOGEN/oro.htm
 ちなみにメンタムは「小さなネイティブ・アメリカン」だ。メンソレの「小さな看護師さん」もデザインも違う。

|

« シスアド | Main | 芥川賞とのろいの電話 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メンソレとメンタム:

« シスアド | Main | 芥川賞とのろいの電話 »